スマート事例

HOME > スマート事例 > 日々の発注を自動化し、製造ライン停止のリスク削減

スマートビンクラシック

日々の発注を自動化し、製造ライン停止のリスク削減

医療関係機器製造業

課題
在庫品手配の担当者を置いていたが他業務との兼業だった為、在庫補充が後手に回ることが有りました。その為、部材の在庫が無くなり、補充分が入荷するまで生産を止めるといった事態が生じ、全体として大きなロスが生じていました。
改善策
在庫品の発注業務を自動化による業務効率改善のため、スマートビンクラシックの導入をご提案しました。
導入メリット
事前に定めた最低数量に達すると自動的に補充分が発注されるので、補充手配の遅れや部品の在庫切れで入荷待ち状態になるといった事は無くなりました。在庫確認や補充のための発注業務に気を取られるずに済むので、本来の生産業務に一層集中出来るようになりました。その結果、現場の生産効率も向上しています。

前へ 次へ カテゴリートップへ戻る